お葬式・葬儀後に役立つ豆知識を山口県の葬祭儀礼文化をつなぐおおすみ社員がお届けします

香典の表記、どう書くの?

  葬儀に参列する際、宗教や宗派が事前に分からず、香典袋の表書きをどう書けば良いか悩んだ経験はございませんか?
そのような場合、仏教の葬儀であれば「御香典」と言う表記が使えます。宗派を問わず、使用できる表記です。
  また、法要で香典を出される場合、四十九日以前であれば「御霊前」、四十九日以降は「御仏前」と書きます。
ただし、浄土真宗は亡くなるとすぐに仏様になると考えられているため、四十九日以前であっても「御霊前」とは書かず、「御仏前」と記します。
宗教、宗派によって香典の表書きは変わりますので、一般的に使用される香典の書き方をまとめました。
  ご参考にしていただければと思います。

【仏教】 
    葬儀の際・・・「御香典」「御霊前」「御香料」
    四十九日以前・・・「御霊前」
    四十九日以後・・・「御仏前」
    ※浄土真宗は葬儀、四十九日前後すべて「御仏前」

【神教】
    「御榊料」「御玉串料」「御神前」「御榊料」

【キリスト教】
   カトリック・・・・・・・「お花料」「御花料」「御ミサ料」
   プロテスタント・・・「お花料」「御花料」「献花料」

山口県防府市の国衙の防府の家族葬と防府の葬儀や見積と相談は防府で評価と実績ある防府市・国衙の家族葬のメモリスこくがにおまかせ下さい