キリスト教の献花の作法

 今回はキリスト教の献花の作法について紹介いたします。
仏式では焼香ですが、キリスト教式の葬儀では献花が行われます。
キリスト教にはカトリックやプロテスタントの宗派があり、どちらも献花を行います。
焼香をする場合もございますが、今回は一般的な献花の作法や流れをお伝えします。

『キリスト教 献花』
 1.1本の花(菊・カーネーション)を受け取り、茎の部分を左側にして両手で持つ
    2.献花台へ進み、茎の部分を祭壇に向けるように花を回して向きを変える
 3.両手で花を献花台へと置く
 4.その場で一礼、黙祷をする
 5.2,3本後ろに下がって、一礼をする

以上が、キリスト教の献花の作法ですので、キリスト教の葬儀・告別式に参列する際の参考にしてください。キリスト教であっても、教会によっては作法が異なる場合もございますので、その場の作法に従って献花をされてください。

キリスト教の献花の作法イメージ